日本の水道水は、きわめて高いレベルの安全性が確保されていると言われており、直接水道水を飲むことができる世界的にも数少ない地域です。そのために浄水器の設置について本当に必要かどうかと迷っている人も少なくありません。しかし、水道水をより美味しく、より安全に飲用するためには浄水器の設置が不可欠であるといえます。その理由の1つが残留塩素についてです。

水道水には殺菌をするために浄水場で投入された塩素が一定の濃度となるように定められています。そのために安全性は高いとも言えますが、味や匂いに大きな影響を与えてしまうことも事実です。カルキ臭とも言われる塩素の匂いは、人によってはかなり不快に感じることも少なくありません。そのカルキ臭を除去することによって、水道水は格段に味が向上するものです。

家庭用浄水器ではフィルターを通過させることによって匂いを除去することができますので、残留塩素が気になる場合に大きな効力を発揮します。また、水道水には塩素以外にもさまざまな化合物や不純物が含まれている可能性があります。代表的なのがトリハロメタンで、塩素で殺菌をする時に生成されるものとなっており、発がん性物質としても知られています。水道水にも極微量ですが含まれている場合がありますが、浄水器で吸着除去することが可能です。

鉄さびやカビなども除去することができますので、安全においしい水を飲みたい人にお勧めできる製品と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です