ファクタリングの審査ではどんな点が重視される?

subpage1

「ファクタリング」というのは、企業が保有する「売掛金」をファクタリング会社が買取ることです。


これによって、売掛金を入金予定日より早く現金化出来ますし、また万が一売掛先の企業が倒産した場合のリスク回避にもなります。
審査基準は金融機関の借入の審査基準とは異なりますので、ファクタリング会社の審査のポイントを見ていきたいと思います。
「売掛先の企業の信用度」・・最も重視される点です。

納得の即日のファクタリングの詳細はこちらで簡単に調べられます。

金融機関の借入との違いは「企業そのもの」ではなく、「企業の売り掛け先の信用力」を見ることにあります。

従って、信用度の高い売掛先から入金される予定の売掛金を保有していれば、審査に通りやすくなります。



「支払期日」・・ファクタリング会社にとっては売掛金が確実に入金されるかは、大変重要です。


そのため、買い取った売掛金が支払われるまでの期間がなるべく短いほうが条件が良くなります。「売上と調達額のバランス」・・例えば月商100万円の企業が500万円の売掛金の買取を希望している場合、過去に前例ない取引である事から様々なリスクをはらんでいます。
調達希望額の目安は月商の半額以内なら審査の評価は良くなると言えます。「面談でのやりとり」・・意外と忘れてならないポイントが、審査の際の面談です。
契約を結ぶにあたっては信頼関係が基本となります。手数料なども、面談においてその企業がどれくらい信頼がおけるかという点を見極めて決定される場合もあります。